一般向け!腸腰筋って何?重要性と自己チェックについて!

こんにちは!

 

今日は一般向けに分かりやすく腸腰筋について書いていきます!

 

腸腰筋は、筋肉の中でもすごく重要視されています!なぜかというと、、、、

 

脊柱と下肢を繋ぐ唯一の筋だから!

 

筋肉ってカラダにはめちゃくちゃあるんですが、意外と脊柱と下肢を繋ぐ筋はないんですね。

 

腸腰筋を鍛える効果としてあるのが、

  • 姿勢改善
  • バランス能力の強化
  • パフォーマンス強化

 

などがあります。

 

あなたの腸腰筋は弱いか、強いか、機能しているか、していないか、、、、

 

ではでは、詳しく見てきましょう!

 

腸腰筋とは

参考図書;プロメテウス

部活やっている方たちは、「脚の始まりは臍からだ!」なんて言われたことありませんか?

 

それは腸腰筋からの由来です!

 

なので意識するのは、股関節ではなく、臍だと言う方もいます。

 

そんな腸腰筋はどんなものなのでしょうか?

 

腸腰筋は、、、大腰筋と腸骨筋が合わさったものです!

 

また、大腰筋と小腰筋と腸骨筋が合わさって、腸腰筋と呼ぶ場合もあります!

 

これは個別性があって小腰筋がない人もいます。

 

でも基本的には大腰筋と腸骨筋を合わせて、腸腰筋と覚えてもらえればいいと思います!

 

上の図のように大腰筋は、脊柱から始まり、大腿骨に終わります。

 

腸骨筋は、骨盤から始まり、大腰筋と合わさり、大腿骨に終わります。

 

なのでどちらかというと、脊柱から始まる大腰筋はめちゃくちゃ大事になります!

 

腸腰筋の作用

腸腰筋の作用は、詳しく書くと大腰筋と腸骨筋とで作用が少し違います。

 

ですが、今回は一般向けなので簡単にかきますね。

 

腸骨筋も大腰筋も共に股関節を曲げる(つまり腿を持ち上げる)作用が主になります!

 

また大腰筋は腰椎の前弯(適正な姿勢)を保つ役割があるため、

ここが弱くなると、円背といって背中が丸まったり、お腹が前に出てしまったり、骨盤が後ろに倒れたりと不良姿勢が目立つようになります。

 

また、股関節を後ろに引くような動作の時は、この腸腰筋が伸ばされながら力が働きます!

 

例えば、ランニングやスプリントなどですね。

 

なのでしっかり腸腰筋が使えれば、パフォーマンスの向上も期待できます。

 

また、体幹と連結しているため、バランス能力にももちろん影響が出ます。

 

腸腰筋が弱い人になりやすい姿勢

参考図書;マッスルインバランスの考え方による腰痛症の評価と治療

 

腸腰筋が弱い人でなりやすい姿勢の一つは、スウェイバックの姿勢です。

 

お腹が前に出ている姿勢がわかりやすいかと思います笑

 

もちろんそこの筋肉だけが原因とは限らないのですが、重要になってきます。

 

腸腰筋機能不全のチェック

腰椎のカーブを保ったまま、股関節を曲げる姿勢をキープします。

 

この時注意は、骨盤が後ろに倒れすぎないようにすることと、背骨が丸まらないようにすることです。

 

足が床から離れない人はかなり要注意です!

 

腸腰筋の筋力低下が落ちているかもです。

 

腸腰筋のトレーニング

 

たったこれだけでも、できない人が中にはいると思います。

 

特に四つ這いでのエクササイズは、姿勢やバランスが崩れて、間違ったエクササイズになりやすいので気をつけてください!

 

 

是非チェックしてみてください!

 

それでは♪(´ε` )

The following two tabs change content below.
佐川 修平

佐川 修平

現役理学療法士! キヅキを与えられるセラピストになることを目標に日々奮闘中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です