理学療法士新人、学生向け!これだけは知っておいた方がいい!膝関節軟骨損傷に対する手術について!

こんにちは!

 

「これだけは知っておいた方がいい!」シリーズです!

 

今回は軟骨損傷に対する手術についてざっくり書きます!

 

関節軟骨について

関節軟骨は、荷重緩衝としての機能や関節運動じの骨と骨との摩擦を軽減し、円滑な動きを生み出す役割があります。

 

軟骨の厚さは約1mmから最も厚い膝蓋軟骨で5mm程度になるそうです。

 

関節軟骨は軟骨細胞と軟骨基質からなります。軟骨基質の構成成分の違いによって線維軟骨、弾性軟骨、硝子軟骨に分けられます。

 

ちなみに関節軟骨は硝子軟骨で、血管、リンパ管、神経を有しません。

 

関節軟骨は、

  • 表層
  • 中間層
  • 深層
  • 石灰化層

の4層に分けられ、各層で特徴的な形態分布をしています。軟骨細胞の密度は、表層が一番高く、深層にいくほど低くなります。

 

関節軟骨の下にはもちろん骨実質があるわけですから、関節軟骨があるのとないのとでは大きく変わってきます。

 

関節軟骨損傷に対する手術について

手術の方法は、大きく分けて3種類に分けられます。

 

  • 骨穿孔術(microfracture)
  • 骨軟骨移植術
  • 自家培養軟骨細胞移植術

 

骨穿孔術(microfracture)

適応は、軟骨下骨層に達する軟骨損傷で、大きさは主に0.5〜3.0㎠程度のものになります。

 

手術としては、鋼線などを用いて、穴(骨穿孔)をあけて、出血を確認して終了となります。

 

つまり、多分化能をもつ幹細胞を含んだ血液をわざと出血させることで、軟骨を修復させるのが目的!

 

自家骨軟骨移植術

傷んでない他の関節軟骨から、移植する手術になります。

 

採取場所は主に、

  • 大腿骨外側顆部辺縁
  • 大腿骨内側顆部辺縁
  • 顆間部周辺

になります。

 

40歳以下で限局性の1〜4㎠の大きさの軟骨/骨軟骨欠損が適応になります。

 

主な適応疾患は、

  • 離断性骨軟骨炎
  • 骨軟骨骨折
  • 靭帯や半月板損傷など外傷後の軟骨欠損

 

になります。

 

手術器具はmosaicplastyやOATSなどが使用されます。

 

また、2㎠以下の軟骨欠損に対してはmicrofracture法で対応することも多いようです。

 

採取部位の侵襲があるため、まずは骨穿孔を考える必要があります。

 

自家培養軟骨細胞移植術

正常軟骨を取り、培養し、再度軟骨欠損部に埋め込み、他部位の骨膜を被せます。

 

ここ数年でかなり有名になってきました。

 

あまり、一般には広まっていないと思いますが、今後どんどんこういう技術が出てくるのではないでしょうか。

 

さいごに

まだ軟骨損傷に対する主流は骨穿孔術か、自家骨軟骨移植になると思います。

 

侵襲をなるべく避けるため、第一選択は骨穿孔術になるかと思います。

 

ちなみに損傷すると軟骨は絶対治らないといわれますが、血流があれば増殖することは可能です。

 

骨穿孔術はこれを利用しています。

 

 

軟骨損傷に対する手術についてでしたー

 

それでは(*゚∀゚*)

参考書籍・文献

  • 機能障害科学入門
  • 下肢の鏡視下手術ー基本手技の実際と応用手技のコツー
The following two tabs change content below.
佐川 修平

佐川 修平

現役理学療法士! キヅキを与えられるセラピストになることを目標に日々奮闘中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です