もしかしたらその痛み、梨状筋症候群かも!?理学療法士が腰痛について解説!

こんにちは!
今回は腰痛に関する記事になります。

腰痛は人生の中でほとんどの方が経験する痛みといわれますが、腰痛もたくさんの種類があります。
腰が痛くなる人もいれば、お尻が痛くなる人もいます。
その中でも、お尻が痛くなる人に是非知っていただきたいことがあります!
梨状筋症候群です!
お尻周辺に痛みがある方は参考になると思いますし、セルフエクササイズも簡単にできますので、是非最後までご覧ください。

【記事のポイント】

  • 梨状筋症候群とは、梨状筋によって坐骨神経がストレスを受けることによって生じる
  • 症状の軽減には、座って出来るストレッチがオススメ(特にデスクワークをされている方)

梨状筋症候群とは?

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)とはどんなものなのでしょう?

梨状筋症候群とは、梨状筋による坐骨神経の絞扼性神経障害といわれています。
一般の方にとってはさっぱりだと思います。少し簡単に説明すると、梨状筋という筋肉によって神経が何らかの刺激を受けて症状が出ているということになります。
イメージできないと思うので、解剖から説明していきます。

まず梨状筋というものがお尻の筋肉に存在します。
この筋肉は、股関節のインナーマッスルといわれており、お尻の深い部分にあります。

この筋の作用を簡単に説明すると、股関節の捻る動きと関係してくるのですが、股関節の肢位で作用が変わってしまうという特徴があります。
なのでここでは、「捻る作用」とだけ覚えてもらえれば大丈夫です。

問題は、この筋肉の下を坐骨神経が通過(もしくは筋肉内)することです。
梨状筋の近くを神経が走行することにより、梨状筋が硬くなってしまったり、お尻に持続的な圧が加わることによって、神経がストレスを受けてしまいます。

そうすると、坐骨神経の領域に症状が出ることになります。
つまり、お尻から大腿部にかけての痛みや痺れ、筋力低下などです。または、お尻の圧痛も感じる方もいるかと思います。

腰痛の方は、お尻の痛みも同時に訴える方がいます。
そのため、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどの他の疾患と勘違いしてしまうこともあります。

さらにこの梨状筋は股関節を内側に捻った状態での長期間固定などで硬くなりやすかったりします。
デスクワークを長時間される方、特に女性の方は内股傾向の方が多いので、症状が出やすいかもしれません。
さらに、長時間の座った姿勢はお尻を圧迫するため余計ですね。

もし、デスクワークをやっていて、お尻が痛くなるという方は注意した方がいいかもしれません。

梨状筋症候群のセルフエクササイズ

ですが、ご安心ください。
この梨状筋をほぐして、坐骨神経に対してストレスを与えないようにするストレッチがあります。

座ってできる簡単なセルフエクササイズなので、仕事中にお試しいただけると良いかと思います。

  • 椅子に座った状態で足を組む
  • 腰は曲げずに股関節でカラダを倒す
  • 30秒キープ

非常に簡単ですが、このストレッチは非常にオススメです。
症状がない方でも、デスクワークの方はやってほしいストレッチになります。

最後に、必ずしも梨状筋症候群がこのセルフエクササイズだけど改善するわけではないのでご注意ください。
あくまでも簡単なセルフエクササイズになります。
ストレッチをして、逆に悪化をするようなケースも確かに存在します。
なので、改善されない場合は、専門の機関に受診するのをオススメします。

今後も、カラダに関する情報を発信していきます!
それでは!

参考文献

  1. 松本正和.ほか:梨状筋症候群に対する運動療法の試み.理学療法学30(5):307-313,2003.
The following two tabs change content below.
佐川 修平

佐川 修平

整形分野で働く現役理学療法士。 カラダに対するキヅキを与えられるセラピストになるのが目標。ブログの他にも、一般向けにセミナーやイベントなどを通じて情報発信中。

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

佐川 修平

整形分野で働く現役理学療法士。 カラダに対するキヅキを与えられるセラピストになるのが目標。ブログの他にも、一般向けにセミナーやイベントなどを通じて情報発信中。